埼玉県さいたま市大宮区 | 許可・経審・入札の専門事務所

CLA川﨑行政書士事務所

【入札】埼玉県の建設工事入札を目指すなら

いよいよ2年に1度の入札参加資格申請の定期申請の時期が近づいてきました。

埼玉県の入札制度においては、次の2つの観点から格付が決まります。

※平成31・32年度の場合

資格審査数値


県外事業者・・・経営事項審査のP点

県内事業者・・・経営事項審査のP点+「埼玉県による評点(14項目)」

※県内事業者とは、「建設業法に規定する主たる営業所が埼玉県内にある者」

技術者数


1級相当技術者の人数

土木一式、建築一式工事業の場合は資格審査数値と技術者数により、Ⓐ、A、B、C、Dの5等級に格付されます。その他の業種については、資格審査数値によりA~Dの4等級に格付されます。

県内事業者のみに加点される県による評点の14の項目の中には次のようなものがあります。

★技術者評価点

1級相当技術者ひとりあたり5点、2級相当技術者ひとりあたり2点(上限100点)

★県民の安心・安全評価点

・一定規格以上の建設機械の保有1台につき10点(上限20点)

・県との防災協定締結20点等

★新規雇用(若年者)評価点

34歳以下の技術職員を継続して1人以上雇用 1人につき10点(上限20点)

県外事業者は経審のP点のみで審査されますが、県内事業者は上記のような加点があるため、同じP点、同じ条件でも県内事業者の方が有利となります。

格付要領(平成31・32年度)はこちらをご確認ください

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0212/kouji3132/documents/3132kakuduke-youryou.pdf

また名簿に記載されている業者数は、県内:県外=7:3ですが、

実際の契約実績数では県内:県外=9:1となり

やはり県内事業者が多く受注できている傾向があります。

県外事業者は「契約実績数は少ないが、1件当たりの契約金額は大きい」=格付の高い大企業でないと、受注が難しい傾向が見られます。

また契約額上位50件の事業者による契約実績件数で比較しても、

県内事業者は551件(1事業者あたり平均11.02件)、県外事業者は159件(平均3.18件)と、より多くの契約を受注できています。

※下記資料のP1~2をご参照ください。

令和元年度 業種別業者別契約実績

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0212/documents/r1_jisseki.pdf

埼玉県での入札で受注を目指すなら


県内事業者

すぐには難しいものもありますが、長い目で計画して、経審対策に加えて、埼玉県独自の評点への対策を行うことで、格付をアップし、受注に繋げられる可能性が大いにあります。

・防災協定の締結

・若年技術者や女性技術者の積極的雇用

・1級・2級資格取得者を増やす

・ISO取得など

県外事業者

県外事業者は大企業以外はなかな厳しい状況にあるので、埼玉県で受注を目指していくなら、本店を埼玉県内に移すことや、分社化して、県内事業者となる選択肢もあります。

ただし会社の経営部分と許可に関わるので、慎重に考える必要があります。

埼玉県での入札参加を希望している場合は、前年の傾向を参考にしつつ、

今後発表される令和3・4年度の格付要領を確認し、申請に向けた準備を行っていきましょう。

埼玉県の建設工事入札制度に関する情報の詳細は県のHPをご確認ください。

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0212/pref-nyushin/index.html

更新・新着一覧へ戻る